Tsuchiya Sensei and family visit to Hong Kong and 1st Youth and Women Hong Kong Tournament.

by Jackie

On the weekend of 8th -10th October we were very lucky to be visited again by Tsuchiya Sensei. This time he brought his family.
Both of his children practice kendo every day. He has a son aged 5 and a daughter aged 11 years. I joined the keiko with them at the dojo on the 9th October.

The first thing that I noticed about his children was the attitude they showed in the dojo. Both were very serious, demonstrated a huge degree of Rei and were conducting themselves in a proper manner. This impressed me, especially from kids so young!
We did our warm up as usual, followed by some waza. Tsuchiya Sensei then spoke to us about Kendo Kata, and that even childern can benefit from practising. He asked his children to demonstrate the kata that they had been learning. Kata especially for children.

The control, poise and maai that they demonstrated was quite amazing and lovely to watch. By watching them, it was quite obvious what the benefits were.
Children are able to control themselves a bit more and are able to understand the idea of maai and use this in their keiko.
Due to the tournament being only 24 hours away, we then had a very short shiai for the children. No matter who their opponents were, Tsuchiya Sensei’s son and daughter showed great fighting spirit, timing and enthusiasm.

We then had keiko. I had a keiko with Tsuchiya Sensei. I have had keiko with him during previous visits, but I was still unable to make ippon easily! He was very stable, and his energy and fighting spirit very high. Everyone had a very good keiko at Wong Tai Sin.

We then moved to Tai Kok Tsui for the 5-7pm keiko. During this session I had a shiai with Tsuchiya Sensei’s daughter. It was amazing! For one so young she demonstrated maai, and her timing was exact. She was very strong and her fighting spirit also very strong. I found it very hard to make easy ippon!! It was quite a humbling experience, and I am very glad that I had the opportunity to have this shiai with her.

I think the one thing I learned from this day is that in kendo, and in life, we can learn from anyone. Many people I am sure think that children are young and inexperienced to teach us many things. In fact on this day I learned many things from Tsuchiya Sensei’s children.
I learned that no matter how young you are, it is never to early to start to learn!
By watching his children I learned that no matter how young you are, never give up.
I also learned that even children can teach us about ourselves! I learned from his daughter that my maai is not correct.

I really enjoyed this experience and was very humbled to see children so young conduct themselves in such a wonderful way!

The next day 10th October was the tournament.
The children individual and team events were first. Tsuchiya Sensei and myself helped the children from our dojo and his children with the warm up.

During the individual event, all the kids from our dojo demonstrated great fighting spirit and fought with courage.Tsuchiya Sensei’s daughter was amazing and won the individual event. Alan Kishikawa also did very well and demonstrated great spirit. He came 3rd in this event. The son of Tsuchiya Sensei won best fighting spirit.

In the Children and teenage mixed team event, the children from our dojo again did very well.
Migita Haru and the daughter of Tsuchiya Sensei were the team champions in this event. His son came second and kiyota Kei from our dojo won best fighting spirit as well as Tsuchiya Sensei’s daughter.

The next event was the women individual and team event. I was participating in this. I was very nervous while waiting to begin.
I tried to increase my kiai and focussed on what Kishikawa Sensei teaches us…….go forward, left hand, go through!
I managed to get into the semi-final. It was a draw but then I was beaten with a men. I was a little disappointed, as I felt I could have done better.

In the team event, our team were knocked out quite soon into the tournament. Again I was a little disappointed. But everything is a learning experience. Even experiences that are not so good can give us courage and spirit to keep going and not give up.

The whole weekend had a great feeling about it. I think the energy from the Tsuchiya family helped to make everyone feel high in spirit. As a result everyone fought in the tournament well.

I would like to thank the Tsuchiya family for teaching us so much this weekend. I know that everyone at the dojo was inspired by his children and hopefully this can keep us learning more and more. Tsuchiya Sensei is returning to Hong Kong in March. We look forward to seeing him then!

土屋先生與其家人訪港,及第一屆香港青少年及女子錦標賽

簡紫琳

十月八日至十日的週末,我們非常幸運,得到土屋先生的再次到訪,今次他的家人也有一起到來。他的十一歲女兒及五歲的兒子每天也有練習,我在十月九日的跟他們練習。

第一樣意識的東西,就是土屋先生的孩子在道場內的表現。他們二人非常認真,及高度表現他們的禮儀,尤其他們是如此年少的小孩,這給我極深的印象!
我們如以往般的熱身,接著是練習一些技術。然後,土屋先生便向我們解說劍道型,這是連小孩也能從練習中得到益處的。土屋先生叫他的小孩示範專為小孩而設的劍道型。

他們所表現的,無論在控制,姿態及距離方面也是令人驚歎及引人入勝。從他們身上可以看出那些明顯的好處。

這令小孩更能控制自己及明白有關距離的意念,使他們能用於對打練習之上。
因為離比賽時間只餘不到廿四小時,小孩作了個簡短的模擬比賽。不論他們的對手是誰,土屋先生的小孩展示出他們無心的鬥志與熱誠及時機的掌握。

接著便是我們的對打練習,我與土屋先生對打練習了一場。土屋先生上前的到訪,我也有跟他對打練習過,可是我當時仍無法取容易地得一本。他非常穩固,而且力量及鬥志也非常強盛。在黃大仙道場,每個人也有過一場美好的對打練習。

接著我們移動到大角咀,由五時練習至七時。在這節練習時段中,我與土屋先生的女兒來了一場模擬比賽。真的很奇妙!這麼年少的她所表現的距離,及她的掌握的時機如此的精準,而且鬥志也是如此的強橫,實力很強。我發覺得很難容易地取得一本。這是一個頗為humbling的經驗, 我非常高興有機會與她比賽過一場。

經過今天的我知道我學習到一件事,在劍道及人生上,我們能從任何人身上學習。我相信很多人會認為,年紀少及缺乏經的小孩無法教我們太多的東西。不過,今天我從土屋先生的小孩身上學到很多東西。我學習到無論如何年輕,從沒有太早去學習這回事。也從他的小孩身上學到無論年紀多小,也不要放棄。我也學習到,就算是小孩也能教曉我們有關自己的事,我從他的女兒學習到自己與對手的距離並不正確。我實是享受今次的經歷及感到very humbled,見到小孩 以如此奇妙的方式去表現自己。

隔天十月十日是比賽的日子。首先是兒童個人及隊制比賽。土屋先生與我帶領小孩做熱身。

在小童個人賽中, 我們館的小孩全都表現出很好的鬥志及以奮勇戰鬥。土屋先生的女兒表現驚歎,勝出個人賽。岸川進展示很好的鬥志及表現出色。他取得這個組別的第三名。土屋先生的兒子取得敢鬥賞。

在小童及青少年混合隊制賽中,我們館的小孩再一次表現理想。右田陽及土屋先生的女兒取得此組別冠軍。他的兒子及我們館的清田取得敢鬥賞,表現與土屋先生的女兒同樣出色。

接下來是比賽是女子個人及隊制賽。我參與了此組賽事。等待開始的這段時間,我感到很緊張。我嘗試增強自己的氣合及聚焦於岸川先生所教的東西……向前,左手及衝過去。 我力爭至準決賽,那局賽事打成平手,但被接著的男子打敗。我的確有少許失望,因我覺得我能夠做得更好。

隊制賽中,我們那隊是比較早出局的隊伍。我再次有點感到少許失望,但所有東西也是一種經驗。就算是感覺不好的經驗,也是能給予我們鼓勵及鬥志,叫我們不放棄繼續前進。

整個週末感覺很好,我覺得土屋先生一家人帶來的精神,令所有人感到鬥志高昂。 最後每個人也在比賽表現很好。

我多謝土屋先生一家人在這週末教導我們這麼多的東西,我土屋先生的小孩激勵道場內的所有人,及希望這能夠使我們繼續學習更多。土屋先生將會三月回來香港,我們期待再次與他見面!

by MJ Lee

   Tsuchiya Sensei visited our dojo with his family. I was glad to practice with Tsuchiya Sensei. I was eye-opening on the “KEIKO” of Tsuchiya sensei‘s son and daughter, Especially Sensei’s son. It is because of sense of “KENDO” and spirit.

He looks smaller then the kids who are same age with him. But he seems don’t afraid to opponents. He could use the technique smoothly and I thought he did his best to make “IP-PON” in every attack. Although some of attack were not perfect, but his spirit showed “IP-PON”.

We enjoyed typical local dish after the practice. Sensei enjoyed to the edible frog legs. He said it is good for our legs. But his daughter did not like it, ha.

Tsuchiya Sensei ‘s children participated to the tournament on Sunday at 10/10.

They revealed good kendo. I thought most of the people who were watching the match were profound to it.

岸川ロベルト先生  精進館道場の皆様、香港剣道協会の皆様

拝啓

金風の候、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。

平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、ありがとうございます。

早速ですが、この度の香港剣道遠征並びに、

The 1st  Hong Kong  Junior  Kendo  Championshipsの出場に際し、多大なご尽力を賜り、誠にありがとうございました。

岸川先生を始めとする精進館道場の皆様、香港剣道協会の皆様の真面目で優しく親切な人柄に触れ、私達家族全員の心が感動と感謝の気持ちで一杯になりました。

人並みはずれた統率力を持ち、正しい剣風で、

とても強く香港剣道のカリスマである 岸川ロベルト先生。

いつも優しい笑顔で皆を見守る香港剣道協会の象徴である 黎富恩 香港剣道協会会長。

この人無しで、香港剣道協会は語れません 稽古は厳しく、終わればユーモアたっぷりで

アッという間に、空間を盛り上げる香港剣道協会のイメージ(ガール?) 陳伊達 事務局長。

大きな身体で、いつもやさしく、包容力のある トミーさん。

ユニークで、いつも明るい雰囲気を作ってくれる アルバートさん。

土曜、日曜は必ず一日中お付き合い頂き香港の色々な事を教えて下さる 吉岩先生、箕浦先生。

とても頭が良く、剣居一体の努力家で、いつも通訳で助けてくれる ナギさん。

優輝はあなたの大ファンです。ずっと面倒を見て下さり、日本語がとても上手な陳(弟)さん。

上手な日本語で優しい雰囲気を作ってくれる

私の大切なメール友達 ジェシーさんとジャッキーさん(男性)。

挨拶、稽古、何でも常に真面目で一生懸命に取り組む姿勢が素晴らしいジャッキーさん(女性)。

まさか香港で関西弁を聞けるなんて!! この人無しに香港の剣道大会は進行しません 山田先生。

真面目でハンサムな ケンさん。

日本の女性は、皆 あなたに心を奪われますよ 黄(兄)さん。

その他、ここに書ききれない 数多くの香港の皆様方との出会いは、私達家族の大切な宝物です。

未熟な私は、我が子達にどんな教育をすれば良いのか日々、悩んでいます。

模索しながら、以下の様な事を心がけて日々過す様にしています。

  1. 「師弟同行」 

子供達を決して見下さず、同じ目線に立ち、指導するのではなく、させて頂くという気持ちで、一緒に努力し、一緒に汗をかき、同じステージで一緒に高め合う様にする事。

  1. 「文武両道」 

剣道だけ一生懸命努力するのでは無く 子供達は剣道と勉強、

私は剣道と仕事を両立し、両方共一生懸命努力をする事。

  1. 「一芸に秀でる」  

弱音を吐かず、子供達と一緒にハイレベルな剣道が出来る様に日々徹底的に努力をする。

ある一定の水準に達したならば、それだけで終わらせず、それを他の習得したい物事に置き換えて剣道の様に努力し同等なレベルになる様に努力する。

  1. 「交剣知愛」  

剣道を通して、日本だけではなく、世界の方々と出会い、人に優しくする事。

多くの友人を作り、皆さんの事を知り、決して利益を求めず、 剣道が自分や周りの方々の人生において、幸福の軸になる様にする。

今回は直前に起きた尖閣諸島の問題等が有り日中関係が微妙な中、正直不安な気持ちを抱えながら香港入りをしました。  しかし精進館道場の皆様や香港剣道協会の皆様は、いつも通り暖かく私達家族を迎えて下さいました。

The 1st  Hong Kong  Junior  Kendo  Championships当日の朝 会場入りをした瞬間に「JAPAN チェッ!」と舌打ちする方もいて、緊迫した雰囲気が有りました。しかし気にせず子供達と、いつも通りにアップを行い、「いつも通り正々堂々と正しい剣道で真正面からぶつかって精一杯戦いなさい」と指示を出して、子供達を送り出しました。   一回戦は有効打が決まっても場内がシーンと冷ややかな雰囲気でしたが、二回戦、三回戦と勝ち進むに連れて、良い技ならば日本人である娘に対しても声援と拍手をしてくれる観客の方々が少しずつ増え 決勝戦での面返し胴が決まった瞬間は、スタンディングオーベーション状態で会場の皆様の大声援を頂き 国境を越えて皆が一体になった様に感じました。  私達親子は今まで数え切れない苦労や辛さを体験してきましたが、それらが一瞬にして消えた瞬間でした。 良いプレーであれば、対戦相手までもが、拍手をして下さる海外の皆様の綺麗で大きな心は、大変勉強になりました。

香港の皆様方との出会いは、今や私達家族の、幸福の軸になっております。

私達親子が上記の目標を一致団結し修行する為のステージを、香港の皆様は与えて

下さいました。幸せすぎて、感謝を言葉で表現する事が、出来ません。

未熟な私でございますが、もし皆様のお役にたてる事がございましたら、

何なりとお申し付け下さい。

未熟な親子でございますが、 今後とも末永くご指導、ご鞭撻を賜りますよう、

よろしくお願い申し上げます。

敬具

MAKOTO  TSUCHIYA

土屋 誠

香港の皆様

私は飛行機に乗るのも海外遠征をするのも初めてなので、とてもドキドキしました。

香港へ行く前、皆さんと仲良くなれるか、とても心配でした。

でも、広東語や英語の話せない私に、香港の皆さんは とても優しく接してくれました。

稽古場や試合会場でも剣を交えているうちに、皆さんと、だんだん仲良くなれました。

「日本で、私はお父さんに、毎日、弟の優輝と一緒に稽古をつけて貰います。

辛いときもあるけど、稽古帰りの車中は、ジュースを飲みながら 三人で仲良く お話をして すっきりして 楽しい空間になるのが とても好きです」

試合当日 レイユーモンスポーツセンターに着きピリッとした雰囲気にとても緊張しました。

いつも通り、監督であるお父さんとアップをした後、指示を聞きながら一生懸命試合をしました。海外の男子達、女子達は 皆とてもパワーがあって、スピードも速くて、とても勉強になりました。 記念すべき第1回目のHong Kong  Junior  Kendo  Championshipsに出場させて頂いた事に、とても感謝しています。結果的には 個人戦、団体戦の両方で優勝する事が出来て とても嬉しかったです。香港の皆さんに稽古やご指導をつけて頂いたおかけです。

試合が終わり、表彰式の後、対戦した相手や相手のお父さんやお母さん、応援団の人達が、大勢来ておめでとう!コングラチュレーション!握手をして!写真を取って! と色々な国の言葉で言われ どうして良いのか分からず お父さんに「助けてー!」と抱きつきました。お父さんに「 笑顔でサンキュー!と言って頭を下げて握手をすれば大丈夫だよ」と言われ、その通りにやったら、海外の皆さんと仲良くなれて とても嬉しかったです。

私は今回、香港に来させて頂いたおかげで、香港やアジアの皆さんが、とても大好きになりました。 来年また香港へ行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

I  LOVE  Hong Kong

REIKA  TSUCHIYA

土屋 麗香(11歳)

香港の皆様

僕は岸川アレン君と右田君と清田君と友達になれて、とても嬉しかったです。

陳さんや黄さんが、たくさん遊んでくれたので、とても嬉しかったです。

トミーさんやアルバートさんが色々なところへ連れて行ってくれたので、とても嬉しかったです。僕は香港がとっても大好きになりました。

これからも、ずっと 僕と仲良くして下さい。

よろしくお願いします。

YUKI  TSUCHIYA

土屋 優輝(6歳)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: